スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

2019年あけましておめでとうございます

Twitterでは一度新年のご挨拶をさせていただきましたが、改めまして、あけましておめでとうございます。
今後このブログにどれだけ記事を投稿するのかはまったくわかりませんがw、今年もよろしくお願いいたします。

さて、2019年の初日の出は、大田区の下丸子と川崎市の平間とを結ぶガス橋で撮影してきました。




写真のとおり雲が多く、ちょっと微妙な結果となりましたが、雲の隙間から光が射す様もこれはこれできれいなんだろうな、と。
また夜明け前に空に輝く金星がとてもきれいでした。

ガス橋という名前は通称ではなく正式名称で、建設当初はガス管を通すための人道橋だったことに由来するとか。
ちなみにこの近くにキヤノン本社があるので、そこでEOS 7Dを構えるというのは何だか不思議な気分でした(レンズはシグマのやつだけど)。
昔はここに平間の渡しがあったらしいです。一本上流側の丸子橋は丸子の渡し、そして一本下流側の多摩川大橋は矢口の渡しに対応するので、古い街道筋がそのまま今の道路にも反映されてるんだな、と思うとなかなか面白いものがありますね。

そして初詣も済ませてきました。
地区の鎮守様と、毎年恒例としている神田明神へ。
神田明神はなんだかんだ2009年から毎年参詣しているので、もう今年で10回目です。



また何とも意味ありげなお告げが出てきたので、今年もこのおみくじを胸に精進したいと思います。

昨年の目標としては「日商簿記3級の取得」を掲げておりましたが、受験したものの不合格、という結果に終わりました。
それを受けての今年の目標なのですが、今年引いたおみくじに

学業 計画を立て無言でやれば成就


とあったので、もう今年は何も宣言しません!

……都合のいい言い訳なんじゃ?と取られないように何か成し遂げたいところですね。

というわけで改めまして今年もよろしくお願いいたします。
2019年もよい年になりますように。

at 21:56, Long, 日常と思考回路

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2018年を振り返る

気が付くと今年の3月以来全く投稿しておりませんでしたw
というわけで、タイトルの通りですが、長文になるので久しぶりにtwitterではなくこっちに書いてみようと思います。

○1月

1/1にA応P 1stツアーファイナル、その翌日にアイドル甲子園、と、アイドル関係のイベントから2018年は幕を明けました。
結果、いろいろあって結局声優現場メインのスタンスに戻ったけども、アニオタ寄りの声オタから、ドルオタ寄りの声オタに軸足が移ったのは自覚しはじめましたね。アニメのトークイベントよりはライブに行きたい、ってタイプの。

○2月

カラオケMAXでうっちーとエリイちゃんが同じステージでコラボするとかいう、私にとっては夢のような企画がありました。
他にエリイちゃんの2ndライブ(昭和歌謡カバーと持ち歌半々)とか、sora tob sakanaのメジャーデビュー直前の主催ライブとか、印象に残るライブが多かった月でしたね。

あと、日商簿記3級を受けましたが、ちょっと勉強したくらいじゃ全く歯が立たず落ちました。
当分の間再受験するつもりはありませんが、いずれ再チャレンジしてみたい気持ちはあります。

○3月

あちこち飛び回っていた忙しくも充実した月でした。
山梨の白州蒸溜所へ行き、翌週はTrySailのライブで栃木へ行き翌日日光観光、その翌週に友人の結婚式で長野へ行き、その翌日に野沢温泉や越後湯沢のぽんしゅ館を観光しつつ東京へ戻り、その翌々週は仙台へ、行きは東北本線経由、帰りは仙山線と米坂線で日本海側に出てから東京へ戻る、というルートで往復。
イベントの件数は少なかったですが、多分移動距離はかなりのものだったのではないかとw

○4月

A応P 広瀬ゆうき生誕祭で、ひろせを、そしてA応Pを応援して行こう、と決意が固まった気がします。
仕事のほうでは、研修で2週間ほど東京の本社から離れたところに通っていたので5時起きの生活がしばらく続いてしんどかった思い出があります。
あとは、オタク現場でお世話になっているカニミソさんの生誕祭を伊豆で開催。
毎年規模が拡大していって面白いことになってますが、来年もできたらいいですね。

○5月

友人の結婚式で余興めいたことをやりました。
そのために貸会議室まで借りて打ち合わせしたのはいい思い出です。
また、大学の後輩が住む和歌山へ旅行へ行きました。ここで夜行バスとLCCを初めて使うことに。

○6月

A応P 福緒唯卒業公演がいちばん印象に残っていますね。
「Longさんひろせ推しじゃん」って言う人はいるかもしれませんけど、私はひろせ推しであると同時に、A応Pというグループそのものも好きなので、その中で重要なポジションを占めていたふくおが卒業する、というのは、私にとっても重要な意味を持っていたように思います。
あとはfhánaのツアーで国内最後の公演となった東京公演でしょうか。
あれは5周年に向けた布石であっただろうし、佐藤さんも手応えがあった、と言っていた公演でしたけども、fhánaがより広い世界に踏み出す瞬間に立ち会えて本当によかったと思っています。

○7月

めでたいことが続きまして、この月も友人の結婚式に出席していました。
新郎友人として招待されていたのですが、まさか実の妹さんを差し置いて新郎友人複数名で新郎の中座での退場をエスコートすることになるとは思いもよりませんでしたw
あとはアイドル横丁にRe:Aniと、夏の野外フェスがとても楽しかったです。その分めっちゃ日焼けしたし体力も持っていかれましたけども。

○8月

うっちーのツアーで群馬へ行きました。
故郷へ錦を飾る大切な瞬間に立ち会えて本当によかったです。
また、夏季休暇では今シーズンで運転を終了した関電トロリーバスを目当てに黒部ダムへ。
予算の都合もあり室堂往復に留めましたが、黒部ダムの大きさと、室堂で眺めた景色の雄大さに圧倒されました。
そしてアニサマ2018。アニメをあまり観なくなったこともあり知らない曲も増えてきたなーと思いつつも、うっちーがぐんまちゃんとともにステージに立ったり、エリイちゃんとみっくがソロで初めてさいたまスーパーアリーナに立つ姿を見届けたりと、私にとって大きな意味のあるステージだったと思います。

○9月

黒ネコ集会で、2019年に堀江由衣名義で久しぶりとなる新曲が発売されることが発表されました。
未だ追加の情報はありませんが、楽しみに待ちたいと思います。
6月で誕生日を迎え、8月まで突っ走ってきて、何となく心境に変化が出てきたのこの時期だったかなあ、と。
休日に予定をたくさん詰めて遊びまわるのは楽しいのですが、それと同時に負担も大きいので、自分の中での最適なペースを探り始めた月でした。
鉄道乗りつぶしの一環として、横浜市営地下鉄と横浜シーサイドラインでの気ままなぶらり旅をやりました。
特に横浜市営地下鉄は横浜市の地形を肌で感じることができて興味深い路線でした。

○10月

この月はイベント関係なく友人と飲みに行く機会が何度かありました。
横浜の野毛でディープなお店をめぐったり、銀座の穴場でぼたん鍋で一杯飲んだりと。
あと、みっくのフォトブックのサイン会に当選しました。Pyxisとしてじゃなくみっくのソロイベントで直接話をする機会はそんなに多くなかったし、フォトブックの好きなページも直接伝えられたのでよかったですね。

○11月

本人すら予想していなかった初の海外出張で、人生初の海外を経験しました。
仕事で行っていたので当然ながら観光はほとんどできませんでしたが、パスポートを取りに行ったり準備まで含めていろいろ楽しかったですね。
その海外出張から帰って来たすぐの土日にA応P3rdツアー東京公演から、ひろせがソロで出演するライブイベント、という流れになったのはなかなか体力的にしんどいものがありましたが、楽しくて濃密な経験をした月だったなあ、と。

あと、うっちーのキャラソンライブで、ラブライブ!はことりソロだけだろうな、って思っていたらまさかの『小夜啼鳥恋歌』と『ミはμ'sicのミ』が聴けて、μ'sの最後の一年を思い出して胸が熱くなったり、友人に誘ってもらったもちょのソロライブでほっこりした気持ちになったりと、この月も印象に残ったライブが多くありました。

○12月

あちこちから飲みのお誘いを頂いたり、自らが企画側に回ったり、イベントでも飲酒可のがあったりと、とにかく今年の12月は事あるごとに酒を飲んでいた印象がw
私にしてはめずらしくトークイベントが多かった月でしたが、その中で参加したフィロソフィーのダンスのツアー東京公演と、エリイちゃんの3rdライブは本当に印象的でした。
フィロのスは本当に楽しくて、ずっと踊っていたかったですし、エリイちゃんの3rdライブは、今年エリイちゃんがどんな想いでアーティスト活動に臨んできたのかを感じることができ、今後も応援していきたいと改めて思いました。


○総括

2016年に仕事のストレスから精神面でも体調面でも様々な不調をきたし、限界を感じて転職して再スタートを切るも調子が出なかった2017年と、ここ数年しんどい状況が続いていましたが、2018年は振り返ってみると楽しかったことばかりで、心穏やかに過ごすことができたように思います。
ようやくいろいろなことを考える余裕が出てきたのでしょうか。今年はオタク趣味との距離の取り方であったり、今後の人生をどうしていきたいのか、といったことをよく考えていました。
土日に予定を詰め込んで忙しくしていないと、つい嫌なことを考えてしまって落ち着かない時期もあったのですが、今ではむしろ家でゆっくりするような時間を積極的にとらなければいけない、という考え方もできるようになってきたのは大きな変化だったなあ、とも思います。

こんなこといいながらも、今年のイベント参加件数は過去最高の99件だったのですがw、
これはインストアでのリリースイベントだったり、サイン会や特典会などの短い時間で終わるイベントの件数が増えた構造的な要因もあるので、今後も件数だけの「イベ減」は宣言しないつもりですし、とはいえ、たくさんイベントに行きたい、というわけでもないので、件数についてはあまり気にしないつもりです。
旅行に関しても、行ったことのない都道府県を減らす、みたいなことを考えていた時期もありましたが、それを目的にするんじゃ何の旅行なのか、と。

というのも、2016年ごろから趣味に義務感を覚え始めていたことを最近自覚したので、今年は初心に立ち帰ることを意識していました。
義務感を覚えるようになってしまった理由はいくつかありますが、仕事のストレスのはけ口としての趣味に依存していたところがいちばん大きかったように思います。
そのストレスが減っていき、転職先での仕事が軌道に乗ると同時に残業が増え、さらに転職に伴って通勤時間も延びているので、自然と趣味へのかかわり方が変化していったのだろうと思います。

だから最近はラジオを聴く本数も大幅に減りましたし、配信番組もタイミングが合わなければ見ませんし、イベントのチケ取りにしたってそんなに必死にならなくなりましたし、旅行にしても行けるときに行けばいいや、くらいの考えになりました。

とはいえ、趣味に飽きたとか、熱意がなくなったとかでは全然なくて、肩の力を抜いて楽しめるようになったし、ようやく社会生活と趣味生活のバランスをうまくとれるところまで回復してきたんだろうな、とも思っています。

高校生のころはそれこそライブなんて行きたくても行けなかったというか、行くという発想すらなかったし、旅行に関してもせいぜい埼玉県に隣接する地域くらい。
それでも楽しかったのだから、今みたいにイベントに行ってこそ、とか、お金をかけて行く旅行以外にもきっと楽しみは見いだせるはずだし、だからこそ、体力的に、金銭的に無理をしてまでやるものではないな、と思えたのでした。

今年私がtwitterのプロフィールに書いていた、
興味の赴くままにライブや旅行に行くオタク。声優、アイドル、歌手等、ジャンルやカテゴリにとらわれることなく「好き」を追求していきたい。

という文章は、イベントにたくさん行った、とか、いろんな場所に旅行に行った、とか、私は○○推しだから、とか、そういうのじゃなくて、今、自分が行きたいところはどこなのか、を一番に考えて行動しよう、という私なりの考えを表したつもりでした。

2019年もこのまま、自分が楽しいと思えることを全力で楽しめる一年にできたらいいなと思っています。



さて、ここまで読んでいただいた方、長い自分語りにお付き合いいただきありがとうございました。
既に文字数は4000文字を軽く突破しております。
ブログもイベノの感想もあまり書かなくなったくせに、書きはじめるとつい長文になってしまうのは私の悪い癖でございます。
今年一年、一緒に遊んでくださった方々、本当にありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

大晦日になると聞きたくなるこの曲のURLを貼ってお別れです。
初日の出の撮影には行くつもりですので、無事撮影できたらまた投稿します。
それでは。

at 13:59, Long, 日常と思考回路

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2018年あけましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年の正月は、元日と2日にライブに行くといういきなりオタ活からのスタートでした。
カウントダウンとかでもないのに元日からライブ、という過ごし方に、自分の中にあるつまらない常識に縛られた部分が、それってどうなんだろう、と疑問を投げかけたりもしましたが、結果的に自分の願望に正直に従っておいてよかったと思います。元日ならではの楽しみ方ができたわけですし。

まあその辺はイベンターノートに書きますので、まずは初日の出の写真から。

First Sunrise of 2018

今年は2016年にも撮影した、羽田空港の平和の大鳥居に行ってきました。
この場所の雰囲気が妙に好きなのです。



穴守稲荷の鳥居が、紆余曲折を経て、天空橋駅近くの海老取川河口付近に移設されているものです。
この間には、米軍の命令により神社と周辺の街もろとも強制退去された悲しい過去もあり、それゆえに「平和」をここで祈念する行事が残っています。

この場所、映画『シン・ゴジラ』で、ゴジラ第一形態が海から川へ遡っていったときに川に入ったポイントでもあり、映画ではここから呑川に入って蒲田へ上陸、第二形態の「蒲田くん」に進化します。

そして本日1月4日、神田明神と鎮守様に初詣に行ってきました。



毎年おみくじを神田明神で引いているのですが、今年は吉。
ここ最近、自分に謙虚さが足りていないことを実感していたので、7番のお告げの和歌が私にとっては釘を刺すように感じられました。

旅行:益なし暫く待て

が気になりますけどね……。

あ、縁談?待人? 気にしなーい気にしなーい()

そして今年の目標ですが、まずは昨年の目標を振り返ってみましょう。

・日商簿記3級の取得

達成率0%でした!()
まあいろいろあってここまで気が回らなかったのです。
この記事を書いている段階でもなんらアクションを起こしていません。
2月の試験の申し込みがまだ間に合うので受験するつもりですが……、まあその辺はまた後程報告します()


・英語学習の再開

こちらはTOEICを受験し、自己ベストには届かなかったものの、それとあまり変わらない点数を維持できていたので、達成率100%とします。
今年もTOEICは受けるので、自己ベスト更新は狙いたいところですが、何せ700点台後半からその先が全然見えてこないという…。


これを踏まえた2018年の目標は

・日商簿記3級の取得

これをそのまま持ち越しにしようと思います。
この簿記3級の取得をもって、ひとまずお金関係の勉強は一区切りつけたいと思います。

というわけで、今年もよろしくお願いいたします。

at 23:23, Long, 日常と思考回路

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2017年のしめくくり

今年もあと12時間少々となりました。
皆様、いかがおすごしでしょうか。
去年の夏から秋にかけての鉄道旅行ネタでまだ記事にしてないのがあったり、イベンターノートにまだ感想を書いてないイベントがあったりしますが、ひとまずは今年を振り返っておこうと思います。

○1月

今年のライブ関連ではいきなり「キッズアイドルフェスティバル」なるイベントからスタートしました。
周囲の友人からも私がどうかしたのではないかと心配する声が聞かれましたが、別に私はロリコンになったわけではございません。
とはいえ「ハッピーくるくる」とか「Task have Fun」とか、今サウンド面で話題になっているユニットをこの時期に見て知れたのはよい収穫だったなあと。





あとはfhánaの「青空のラプソディ」が発売したのがこの月で、忙しいながらも平日のリリースイベントに何とか参加。
最高に楽しい曲で私自身も大好きな曲ですが、今年いろんな人にこの曲を聴いてもらえたのがファンとしてとても嬉しかったです。



私生活のほうでは退職に伴いずっと引き継ぎに追われていたので旅行とか目立ったことはできず。年始には東急ワンデーオープンチケットを使って「サイコロの旅」をやりましたが、昼食を食べに行こう、ということで池上線の長原駅でサイコロを振ったら、まさかの田園都市線 田奈駅まで飛ばされてしまったのが思い出に残っていますw

○2月

黒ネコ集会(堀江由衣ファンクラブイベント)でこれまで歌われなかった「恋ごころ」が歌われて膝から崩れ落ちそうになったのを思い出します。その後天たまで、イベントの感想メールと、「灰かぶり猫の仮面歌謡会」に送った「恋ごころ」の直前のMCをネタにした替え歌の2通が採用されて思い出深いイベントとなりました。

every♥ing!のツアーでは最終公演で11月での活動休止が告げられ、このときはどう気持ちを整理したらいいのかわからなかったなあ。

○3月

久しぶりに青春18きっぷを買い、一人で1枚を使い切りました。
銚子へ行って観音駅でたい焼きを食べたり(既に観音駅の売店は営業終了)、沼津に行って深海魚を見たり、日帰り圏内でいろいろ楽しんできました。

友人に誘われて参加した豊田萌絵バースデーイベントはある種の転機で、まさか今ここまでもえしを推していることになるとは多分去年の今頃の私に言っても信じないだろうなあ、と。

○4月

18きっぷの続きを使ってましたが、前半は天気がよくなくて、小雨降る中桜を撮ったり険しい旅行が多くなりました。
イベントのほうでは、「ゆめいろラジオ」の公開録音で、every♥ing!の活動休止までの方向性が固まり、ようやく前を向くことができたこと、「墜ちる」の舞台挨拶つきレイトショーに行ったら友人の計らいでいきなり最前列に放り込まれて福原香織さんにマイクを向けられたこと、能登有沙さんのワンマンライブに初めて参加したこと、fhánaと小松未可子さんとの対バン、山崎エリイさんの1stライブなど、いろいろ充実していました。





○5月

鉄道関連では千葉県の未乗路線を乗り潰すということで、山万ユーカリが丘線へ。
当時は先進的だったニュータウンが、今どうなっているのか、という観点で周辺を散策しました。
その日PCのモニタとしても使っていた液晶テレビが、大量の未視聴アニメの録画データを巻き添えにして突如故障したことをきっかけに何かが吹っ切れてしまい、テレビアニメを録りためることをやめて、配信限定の作品目当てに2016年からずるずると契約し続けていたdアニメストアを使ってアニメを見るクラウド的な視聴方法に切り替えることに。そんなわけで来年はタブレット買いたいですね。

連休中に日比谷公園の無料アイドルフェスで、酒を飲みながら楽しそうなところだけフロントエリアに突っ込んでいくという気楽な楽しみ方を覚えてしまいここからより軽率にアイドル現場に行くようになりました。
また、「AKIBA'S FESTIVAL」や「トキメキ感謝祭」のライブで広瀬ゆうきさんが気になり、ここがきっかけでA応Pを推し始めることに。また、5月にはこれも気になっていたわーすたの特典会にも初参加。



○6月

内田彩完全復活。それに尽きる月でした。
新木場で行われた昼夜2回のミニライブ。喉の不調を乗り越え、かつてのバンドメンバーを引き連れて、ステージに帰ってきてくれたそれだけでも本当に嬉しくて、開幕と同時に泣きそうになってしまいました。

また、けものフレンズ関係で東武動物公園へ。久しぶりの動物園は大人ならではの楽しみ方ができました。

○7月

この月はやたらアイドルフェスに行ってた気がします。
A応Pの特典会に初めて参加したのがこの月で、それ以後ひろせに月1回は会いに行ってましたw
煌めき☆アンフォレントのライブを初めて見たのもこの月。



○8月

ROCK IN JAPANでロックフェスデビューを果たしました。
マキシマムザホルモン、打首獄門同好会といったこれまであまり聴いてこなかったアーティストに加え、これまでアニソンの文脈でしか聴いてこなかったLiSAをロックフェスの中で楽しむという、とても刺激的な体験ができました。
B'zのパフォーマンスを見られたのは本当に感動でした。



あと、私にとって2回目のひろせとの特典会で既にあちらが私の顔と名前を覚えていたことに驚かされました。
いや、恐ろしいな、とw
それが故にいまここまでハマってしまって、明日も元日からA応Pのライブに行くまでになってしまったのだから、我ながらちょろいものである()。



鉄道関連では、春に続いて青春18きっぷを購入。
まだ記事にしてませんが、一日で太平洋側から日本海側に抜けて戻ってくるような、ほとんど一日中移動してるかなり無茶な日程を組んだりしました。財政的な理由で新幹線と有料特急を避けつつ旅行するというテーマを掲げた結果がこれなのですが、学生の頃を思い出して悪い気はしませんでした。

○9月

内田彩さんがフルアルバムを発売する、ということで、全バージョン1枚ずつの購入で最大限楽しむにはどうするべきか、と考えた結果、池袋のサンシャインシティ噴水広場でのイベント当日に有給休暇を取得。
2016年は運悪くいろいろなものが重なり、リリースイベントや節目のライブに行けなかった悔しさがあったので、今年それを晴らすことができたのは本当によかったです。



8月に発売した豊田萌絵1st写真集のサイン会に当選し、サインをもらうためだけにもう一冊買い足した、なんていうエピソードも。

また、every♥ing!卒業旅行ツアーは、関東圏唯一の公演であった群馬に参加。
日帰りが面倒だったので高崎に宿泊したので、翌日の群馬観光まで含めていい思い出ができました。

しかし、ここで風邪をひき、いつまでも咳が長引いたので不安に思い呼吸器科を受診したら気管支喘息の診断が下りました。3年前くらいから風邪をひきやすくなっていたのを老化だと思い見過ごしていたらどうやらその時から既に喘息だったようで。なので今は喉を保護することを優先した生活にしています。

○10月

いろいろありましたけども、うっちーの幕張公演がこの月のハイライトだったなあ、と。
チケットを余らせて友人を夫婦で呼び寄せたりと半ば無理やりにチケットを捌きましたが、いい感想が聞けたのがすごく嬉しかったですね。
セットリストも演出もすべてがよくて、あまりに感動して語彙力を失っていましたw

また、every♥ing!の「笑顔でサンキュー!」のMVを、ロケ地めぐりを兼ねてオタク仲間で再現しよう、という企画に、カメラマンとメイク担当として参加。大の大人が集まって全力でバカをやるっていうことの楽しさを味わいました。



鉄道関連では、池上線フリー乗車DAYで、休日なのに積み残しが出るという普通じゃあり得ない状態になった池上線が見られて楽しかったです。友人を呼びよせて、周辺をいろいろと探検したのも思わぬ発見がありました。

○11月

every♥ing!の二人が揃って20歳を迎え、every♥ing!を卒業するところまで見届けました。
なんというか、これで私のオタク活動にも一つ区切りがついたなあ、と晴れやかな気持ちになったのを覚えています。終わるのではなく、一区切り、という意味で。
今後もevery♥ing!の二人は個人名義での活動が増えていくだろうし、それぞれの道に進んだ二人をこれからも応援していければな、と素直に思ったのでした。

また、「ミスiDフェス」に誘ってもらい、ステージをひたすら一眼レフで撮りまくるという「カメコ」を初体験。照明の落ちた会場の厳しい光線状況と、CFカードの容量と戦ってました。

○12月

今月はPyxisのアルバムのリリースがあり、そちら関連での動きがメインでした。
奇遇なことに、内田彩、山崎エリイ、伊藤美来、そしてPyxisと、レーベルがZERO-A系列で楽曲制作陣も似通っているので、ある意味ここまで来たのは全てつながっていて必然だったのかもしれない、と思います。



今年一年、東京近郊でいろいろな現場を渡り歩いていろんな価値観に触れ、また、これまでメインにしていた現場が落ち着いてきたこともあって、今年はオタク活動をするうえでいろいろと気持ちの整理がついた一年だったように思います。

また、鉄道趣味にしろ、金をふんだんに使った長距離旅行はひとまずやめて、近場で極力交通費をかけずに、というのを方針に掲げたのですが、久しぶりに普通列車だけを使って途方もないような移動時間をかけて旅をすることで、単純に知らない土地に行きたくて旅をしていた学生のころの気持ちを思い出すいいきっかけになりました。

去年は仕事のストレスのはけ口として、半ば依存気味にオタク活動をしていたな、と今になると思いますが、そう思えるようになったのは、まずそのストレスの原因が職場を変えたことによりなくなったこと、そして今年一年かけてゆっくりと気持ちの整理をつけていったからで、ようやく今落ち着いた気持ちでこの文章が書けている気がします。

オタク活動をするにあたり、義務感や脅迫観念に近いような精神状態に陥ったら、一度立ち止まって、果たして今のオタク活動に対するスタンスは適正なのか、一度考えるようにしたほうがいいとは思いつつも、熱狂のさなかにいるうちはなかなか自分を客観視することは難しい気がします。今年一年、30歳という節目の年齢に達し、また職場が変わって一度いろいろなものがリセットされ、精神的にしんどい局面は多々ありましたが、その間いろいろ考えて自分を見つめ直したことで、来年はもっと楽な気持ちで、楽しく過ごせるような、そんな気がしています。

奇しくも、今年の私の精神状態にも重なるような曲を、内田彩さんが今年発売した最新アルバムに収録しているので、今年はその曲の試聴動画と歌詞へのリンクを張って、締めたいと思います。



Ordinary/内田彩 #utanet https://www.uta-net.com/movie/235978/


さて、今年一年、このブログを読んでくださったみなさま、Twitterやイベンターノートへの投稿を読んでくださったみなさま、ありがとうございました。
今年も、オタク仲間のみなさんのおかげで、楽しく過ごすことができました。
記事の最後のほうではちょっと真面目な話をしましたが、来年も私は変わらずオタクをやってると思いますので、どうぞみなさま、現場でお会いした時にはよろしくお願いいたします。

これにて、2017年の「坂の途中の研究所」の更新を終えたいと思います。
よい新年をお迎えください。

2018年一発目の投稿は、毎年恒例、初日の出撮影の記事から始めます。
結局今年もロケハンができてないので、過去に撮影した場所をもう一度訪問します。

at 11:55, Long, 日常と思考回路

comments(0), trackbacks(0), pookmark

30歳になりました

ただの自分語りですので、そういうのが嫌いな人はそっとタブを閉じることをおすすめします。


今日私は30歳になりました。
20代最後の夜は特に何もなく普通に過ごしていました。
もうこの歳になると、昔の自分を思い出しては、あの頃は若かったなぁ、などと妙な感傷に浸ってしまうものです。まあ、人生80年となった現代では、折り返し地点にも達していない私なぞまだまだ若造なのでしょうが。

とまあこれから書くのはちょっと昔の話。

10年前、私はオタクである自分自身を肯定できていませんでした。
なのでオタクをやめようとしたこともあったのですが、それができていたら、まあいまこんな風にはなっていないでしょうww

さて、30歳になった私はどうでしょうか。
まだオタクです。むしろ10年前より濃いオタクになってます。
10年前はそんなに好きじゃなかったお酒も今では大好きです。酒飲んでバカ騒ぎばかりしてます。
恐らく、10年前の私が今の私を見たら、きっと軽蔑するに違いありません。あんまり褒められたものではないと、今の私も思います。

でも、楽しいのです。
オタク趣味を続けていくことで、いつの間にかたくさんの友人ができました。
創作物にたくさん触れることで、好きな声優さんを"推す"ことで、それらに関わる人たちの熱い想いに触れて、それが自分の人生にもいろんな影響を及ぼしてきました。

今であれば、オタクである自分のことをちゃんと肯定できます。
オタクである自分を嫌っていたままだったら、きっと今こんな風には過ごしていなかったでしょうし、人との関わりが楽しいと思えたのも、自分の好きなものが繋いでくれた出会いのおかげです。

もっと素直にオタクで良かったのです。これでいいのです。
いい歳してアニメや音楽にうつつを抜かしているような奴のことをまともな人と呼べるかは確かに怪しいかもしれません。でも、楽しくやってるのです。だったらこれも悪くはないはずなのです。だから、これまで歩んできた人生を否定することなく、今を全力で楽しみつつ、この先どうなるかわからない未来のすべての可能性を否定することなく、自分に正直に、でも適当に生きていこうと思います。

まあそろそろ体力的には衰え始めてくるころかと思いますし、こんなことをいつまでやってられるのかはわかりませんけど。そしてそろそろこの先の人生のことからも目を背けるわけにはいかなくなりそうなので、体力面でも金銭面でも無理はしないつもりですが()

あ、意味深なこと書いたけど結婚とかそういうフラグは立つ気配ゼロだから安心していいよ!(よくはない)

これから始まる30代、何かに囚われたりせずに、楽しく過ごしていけたらいいなと思っていますので、皆様、これからはもっとよろしくお願いします。

at 00:00, Long, 日常と思考回路

comments(2), trackbacks(0), pookmark

ブログを始めて11周年

というわけで、このハンドルネームでブログを書きはじめてから今日で11年経ちました。
11年ですって!すごいですね!開始当時大学1年生だった私が今じゃ三十路手前のおっさんだよ!すごいね!!

ブログを書きはじめた頃はひっそりとやっていたつもりですが、
twitterに主軸を移してからは本人が思ってもいないところで拡散されたりして、
ここ10年ほどでのインターネット環境の激変っぷりに驚くばかりです。

でも、2006年だったら既にYouTubeがあって、光ファイバー回線も一般化しつつあったころだから、そのころから萌芽はあったんでしょうけどね。

ただ、スマホみたいなデバイスが出てくるとは当時は想像もしてませんでした。
ブログも最初はガラケーメインで運用してたんですけど、今はPCでじっくり書くことが増えましたね。

ちなみにこの「Long」という名前、最近はインターネットの世界だけでなく、ラジオ番組の投稿でも使うようになりました。
ぶっちゃけ自慢ですが、結構いろんな番組で読んでいただいております。
そう、そのラジオネーム:Long、私ですw

「Longさん文章書くのうまいよね」っておだてられて木に登った結果が、
こうやってプラスに働いているのは我ながらいいことだなーって思ってます。
文章書くのは好きなので、それがオタク活動に活かせるのならば、これからもこの方向でやっていきたいところ。

もちろん、このブログも、twitterに書くには文字数が足りないような、まとまった長文を公開するスペースとしてこれからも今までと変わらず運用していきますので、これからも「坂の途中の研究所」をよろしくお願いいたします。




at 22:34, Long, 日常と思考回路

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2017年あけましておめでとうございます

2017年最初の投稿です。「坂の途中の研究所」をご覧の皆さま、あけましておめでとうございます。
昨年は投稿間隔がかなり開いたことがありましたが、今年も多分そんな感じですのでw、過度な期待はせずに見守っていただけますと幸いです。

さて、毎年撮りに行っている初日の出ですが、今回はロケハンをしている暇がなかったので、2015年に撮影しに行くも、雲に阻まれて撮影できなかった、港区の芝浦南ふ頭公園に再挑戦してきました。



First Dawn of 2017

構図を確認しつつ、夜明けの写真を撮ります。
レインボーブリッジとフジテレビの社屋がうまく入るように構図を調整します。
レインボーブリッジのライトアップは、周囲が明るくなると映らないので、日の出前の薄明のこの状態がラストチャンスです。

First Sunrise of 2017

日の出の時刻から少し遅れてビルの裏側から太陽が顔を出しました。

2015年の時の空の様子は下の写真のような感じで、ちょうど太陽が出てくるところに厚い雲がかかってしまっていたのです。


東京のベイエリアから上る初日の出をようやく撮影することができ、満足でした。

そして翌日の2日には、今住んでいるところの氏神様と、神田明神へ初詣に行ってきました。
何度も行っていると混む時間帯が大体わかってくるので、今回も本格的に混み始める前に行ってきました。

んで、おみくじを引きます。もちろん去年のおみくじを納めるのも忘れずに。
去年は旅行中に熱田神宮と太宰府天満宮で引いたおみくじもあったので、まとめてお焚きあげに出してきました。




2016年は営業の仕事をやっていたことや、ライブツアーで遠征したりなんてこともあり、公私ともにあちこち出かける機会が多かったのですが、2017年はちょっと落ち着いて関東周辺の良さを再確認できれば、などと考えていたところでのこのお告げ。ということで今年は旅行の計画はあせらず落ち着いてゆっくり考えようと思います。

ところで、何かこの文面見覚えあるなーと思って過去の記録を確認してみたところ、なんと、2011年2012年に同じおみくじを引いていたことがわかりましたwww

神田明神へは2009年から毎年行っているのですが、なぜかおみくじのお告げに偏りがあります。
しかし、ちょうど仕事が変わる今年に、新卒で就職した年のお告げが再び出てくるというのに、何か因縁めいたものを感じました。つまりは初心忘れるべからずってことなんでしょうかね。

さて、昨年立てた目標

・ファイナンシャルプランナー(FP)3級の取得とその知識を活かした資産運用の実践

ですが、2016年5月の試験で無事、3級ファイナンシャルプランニング技能士(資産設計提案業務)を取得し、
NISA口座をネット証券で開設。現在毎月の積立で、投資信託と現物株式に投資を行っており、2016年の大納会の時点で+9%弱の運用利回り(ただし含み益)を出すことができました。さらにふるさと納税にも手を出したほか、「浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド」にメールが採用されたりもしました。というわけで100%達成です。

利益が出たのは、今年の夏に16000円台で推移していた日経平均株価がいわゆる「トランプ相場」で19000円台まで上がった波に乗っただけなので、実力でも何でもないのですが、景気に連動する資産を保有することで、世の中を見る目が変わったような気がします。

そんなわけで2017年の目標は二つ。

・日商簿記3級の取得

個人の資産運用に関する基礎知識はFP3級である程度学ぶことができたので、次は会計を学んでみようと思います。
B/SとP/Lからちゃんと企業の業績を判断できるようになりたいのと、企業活動のなかでのカネの流れを把握したいというのが動機です。私は財務担当でも経理担当でもないのですが、この辺の感覚を持っていれば仕事でも活きるかなーとも思っています。(いきなり2級を勧めてくださった人もいましたが、本業の片手間に勉強するので、まずは3級でいいかなーと)

・英語学習の再開

さきほどさらっと書いてしまいましたが、今年から仕事が変わることになりました。
去年までの仕事でも英語は使っていたのですが、新しい仕事では英語をもっとたくさん使うことになりそうなので、2012年以降さぼっていた英語学習を再開してみようと思います。
今年中にTOEIC L&R Testは受検するつもりですが、いつまでに○○点を、みたいに追い立てられているわけではないので、具体的な目標点数は定めません(自己ベスト更新はしたいところですが、2012年のピーク時の実力が出そうにもないので…w)。まずは文法を一からやり直そう、と思い、文法書を一冊買ってきました。最初は受験生の頃に使っていた「Forest」あたりでも買い直そうかと思っていましたが、「一億人の英文法」が良さそうだったので購入。うまいことスキマ時間を使って読んでいきたいと思っています。

というわけで、今年もよろしくお願いいたします。

at 15:22, Long, 日常と思考回路

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2016年の締めくくり

さて、2016年もあと1日を切りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
例のごとく、年末年始は東京でひとり過ごしております。
ただ、嬉しいことに既に新年の飲み会の予定がいくつか入っており、楽しい正月休みを過ごすことができそうな見込みです。

さて、この記事では2016年を振り返ってみようと思います。

○1月

三連休を使って富山・岐阜へ旅行に行っていました。
「ゆるゆり」の聖地巡礼を少しだけ絡めつつ、氷見、高岡、五箇山、白川郷を観光。
酒あり海鮮ありの楽しい旅行でした。

イベントではミス・モノクロームの抽選会、CooRieのマンダラライブ、リスアニ!LIVE日曜、fhánaのリリースイベントからμ'sファンミ上海ライブビューイングの回しと、我ながら幅広く活動していたようですw

○2月

鉄道関連では目立った活動なし。
イベントではねんどろいどライブ、every♥ing!のリリースイベント、Pyxis 1stライブ、ゆるっとあふたぬーんの観覧と、まあそこそこ幅広く活動していた模様。

○3月

同じく鉄道関連では目立った活動なし。
祖父を亡くしたためいろいろとばたばたしていた記憶が(天寿を全うしたといえる大往生でしたのでご心配には及びません)。
そんななかevery♥ing!のツアーはちゃんと全通していましたが…w 大阪観光楽しかったです。

○4月

μ'sのファイナルライブは仕事のため現地には行けませんでしたが、後日ライブビューイングで雰囲気だけはちゃんと味わえました。
いつもイベント関連でお世話になっているカニミソさんの誕生日会でカメラマンをやらさせていただいたり、神奈川のほちゃクラ飲み会に多摩川の対岸から混ぜてもらったりと、交友関係の広がった月だったな、と。

○5月
ゴールデンウィークに

5/2の仕事終わりに大学の研究室の飲み会に参加→5/3に親と都内観光→5/5に越乃Shu*Kuraなどでひたすら飲む→5/6の仕事の後オタク仲間でBBQ→5/7fhána2ndツアー→5/8立川シネマシティでガルパン劇場版

ってスケジュールで動いたら5/8の昼に力尽きましたw

あと、i☆Ris東京公演に参加した翌日にファイナンシャルプランナー3級の試験を受けるというまたしてもアホなスケジュールを組みましたがちゃんと合格しましたw

fhánaのツアーで初の名古屋観光もしましたね。翌日は名古屋メシをこれでもかと食べました。
あと、仕事で営業もやってたので、やたらと日本各地を飛び回っていたな、と。

うっちーのコンセプトライブは倍率が高くてチケ取りに苦戦したけども、BitterKissのカッコいい曲が生バンドで聴けたのは本当に良かった。

○6月

ほちゃクラの友人と2泊3日で九州を縦断。本当に楽しかったです。
鹿児島、天草、博多と見て回りましたが、どこも素敵な街でした。
九州は大分、佐賀、宮崎、長崎が未踏なので(正確に言うと佐賀は通過だけしてるけど)次はそちら方面に行ってみたいところ。

イベントではfhána、イヤホンズ、TrySail、every♥ing!、うっちーを見て回ってました。
イヤホンズ→代々木公園のイベントで酒を飲む→TrySail というイメージカラー同系統色回し、ってのはなかなかアレな回しだったなーと。

○7月

鉄道関連では、友人と2人で千葉都市モノレールのぶらり旅をやりました。
千葉市科学館でやたら盛り上がったのはいい思い出。
あとはうっちーの三十路をお祝いしたり、炎天下の入間アウトレットパークでパンのお渡し会があったりって感じでした。

○8月

祖父の新盆とうっちーの武道館公演が重なり祖父の新盆を取るという何とも複雑なお盆を過ごしておりました。
この月はアニサマ行ったくらいで、他に目立った活動はしていませんでしたが、アニサマはけやき広場のアイドルステージから隅々まで楽しみつくしたつもりですw

この月は仕事がやたら忙しくて普段はめったにやらない残業や休日出勤が発動してしまいやたら闇を抱えていたのを覚えています…。

○9月

シン・ゴジラにハマり、発生可能上映まで行きました。
あとは「星の宮殿」公開録音が印象に残っています(木魚叩きましたw)
あと、私が敬愛してやまない、堀江由衣さんとサイン会で初めてお話できたのがもう筆舌に尽くしがたい喜びでした。
あれほど緊張したのは本当に久しぶりですね。仕事で10人以上を目の前にしてプレゼンしてもあそこまでは緊張しなかった…w

○10月

誘われて参加したアゲラジ団員集会で、人生初のラジオ投稿メール採用を経験。
それ以後調子づいてマネーランドで2回、天たまで1回、ゆめいろラジオで1回の採用がありました。
長いことラジオは聴くだけでしたが、こうやってメールが採用されると嬉しいですね。
来年もマイペースで投稿を頑張りたいと思います。

また、カニミソさん、しでそさんに誘われて谷川岳への登山にチャレンジ!
本格的な登山は小学校の林間学校以来でしたが、思っていたより楽しく登ることができました。
下山後に水上温泉に入ってからのビールがおいしかった…。

イベントではスポーツなんちゃらに朝から晩まで入り浸ったり、A&Gオールスターでみずほ証券の人に投資相談をして公認会計士の山田さんと握手してもらったり、アキバの地下アイドルのイベントに参加したりと、また別の方向で活動の幅を広げていましたとさ…w

○11月

山崎エリイソロデビューということでそれを追いかけていた月。
ただ、仕事のほうでいろいろあって時間もお金も気持ちも余裕のない落ち着かない日々が続いていました。
用事があって実家に帰っていたので、その帰りに敢えていったん北に向かい、群馬や栃木のローカル線を旅しました。高校生の頃初めて計画した鉄道旅行のプランを部分的になぞったので、当時を思い出しながらの一人旅でした。

○12月

事情により声優グランプリの山崎エリイ特典お渡し会に参加したのみでイベント参加は見送り。
ただ、いろんな人に飲み会に呼んでもらい、改めて人とのつながりに感謝する月でした。
いろいろとありましたが、仕事での問題は無事解決したので、来年からはまた新たな気持ちで頑張れそうです。

●まとめ

大小さまざま、いろんなジャンルのイベントに参加することができ、新たな刺激を受けることが多い一年でした。
また、意識的にやっていたことではありますが、今年は本当にいろんな場所を旅して、見聞を広めることができました。
それ以外でも、ファイナンシャルプランナー3級の資格を取ったり、谷川岳に登ったり、ちょっと前の私だったら敬遠してしまいそうな分野にも積極的に挑戦できたので、何かを始めるということに遅すぎるということはないのかもしれないな、と陳腐なことを考えたり。
昨年はいろいろな人と新たに知り合いましたが、今年はその人たちとのつながりをさらに深めることができたような気がしています。もとはただ趣味が同じというだけのつながりでしたが、いつしかなんでもない日に飲みに行けるような仲にまでなったというのですから、本当にありがたいことです。今年はいろいろと困難にも直面しましたが、それでも何とか頑張ってこられたのは、いろいろと愚痴を聞いてくれたり、一緒に騒いでくれたりする皆様のおかげです。ありがとうございました。

話はちょっと変わりまして、これまでブログで細々と書いていたイベントレポートを、eventernoteという外部サービスに書き始めたのも今年からでした。
今年参加した77イベントについてすべて何等かの感想を書いた結果、合計で約47000文字も書いたようです(カウントしました)。400字詰め原稿用紙に空白なしで詰めて118枚ですから、文庫本一冊くらいは書いたんじゃないでしょうかw

そもそも何でイベノに書いてるの?という質問を頂いたことがあるのですが、それは名もなき個人ブログに書くよりも、イベノというプラットフォームの知名度を借りてしまったほうがより多くの人に読んでもらえる可能性が上がること、イベントの詳細などの予備情報はイベントページの記述に任せられるので、純粋にイベントの感想を書くことに集中できる、という二つの利点があったからなのです。イベントの感想、レポートを書くのは、まず第一には自分で読み返して振り返るための記録としてという理由があるのですが、やっぱりネット上に公開するからには誰かに読んでもらいたくなるものなのですよw。

私のブログが大手のまとめサイトや、ナタリーとかのネットメディアと真正面から戦っても勝てるわけがありません。私のブログでもいくつかヒットした記事もありましたが大体はインターネットの海の中に埋もれてしまっていたので、発表するチャネルをどうするか、去年からいろいろ考えていたのですが、やはりイベノの感想欄は非常に書きやすかったです。

実際、イベントに参加した友人から直接反響を頂いたり、場合によっては出演者に読んでもらえたりといった嬉しいことがたくさんあったので、eventernoteをいつも維持管理してくれている運営の皆さまには感謝しています。

さて、おかげさまでこうして無事に年を越せそうです。
これにて、2016年の「坂の途中の研究所」の更新を終えたいと思います。
今年一年間読んで頂いた皆様、ありがとうございました。まだまだ「坂の途中」の私。来年もこの坂を登っていきますので、どうか来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

今年もこの曲を聴きながらお別れです。初音ミクで「来年からがんばる」



2017年一発目の投稿は、毎年恒例、初日の出撮影の記事から始めます。
今回はロケハンができなかったので、以前撮影に挑むも雲に阻まれたポイントでリベンジしたいと思っています。

at 00:53, Long, 日常と思考回路

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ブログを始めて10周年

以前ほかのところで書いていたブログの開設日(2006年6月14日)から数えて、今日でちょうどブログを初めて10年が経ちました。
大学1年の時に書き始めたので、つまりは私が大学に入ってから10年経ったということになります。
時の流れは残酷です。

ということは、このハンドルネームで私がインターネット上で活動を始めてからも10年が経ったということですが、
その間にインターネットの世界も随分と変わったように思います。
スマートフォンとSNSの発展により、もはや現実世界とインターネットの世界とを切り分けて考える必要すらなくなってきたのかな、と最近思います。実際のところ、私の意識も、本名はビジネス上の名義や戸籍上の名義でしかなく、ハンドルネームもまた自分の別の名義、という方向に変わってきており、本名が意味をなさない付き合い、というインターネットを起点とした不思議な友人関係にも違和感を覚えなくなってきています。

最近は、かつてブログに書いていたイベントレポートをEventernoteに書くようにした結果、いよいよこのブログの存在意義が旅行記の公開だけになってしまいましたが、旅行も私の趣味の一つでありますので、これからもこのブログはゆったりまったりと存続していくことになるはずです。

現在の活動の主軸はtwitterに移っていますし、私という人間も10年前から変わっていないように思えて実は相当に変化しているようですので、もうかつての読者さんは離れてしまっているかもしれません。10年前はただの日記から始まり、7年前に旅行記とアニメ批評と鉄道研究レポートを3本柱とした内容にリニューアルし、その後ライブ参加レポートを加えるようになりつつも、twitterを始めて軸足をそちらにシフト。その後人間関係が大きく広がり、今ではいったい何のオタクなのか自分でもよくわからないところまで来てしまいました。

かつての鉄道関連の記事を楽しみにしてくださっていた方からすれば、今の声優イベンターな私はもしかすると嫌悪の対象ですらあるかもしれません。人は変わるものですので、それで合わなくなってしまうことは仕方がないでしょう。とはいえ、かつてコメントをくださった方ですとか、つながりのあった方々については今でもちゃんと覚えています。その積み重ねを越えて、今私はここにいるのですから。そして、私はもう、自分の「好き」に嘘をつきたくはないのです。10年前に始めたブログがただの日記だったのは、オタク的な話題を極力避ける意図があったのですが、それがあまりにもしんどくなって、3か月もしないうちに破られてしまったのですから、やっぱり無理なのです。

イベントで光る棒を振り回しながら声を上げる私も、駅でカメラを構えて列車を撮る私も、旅行先の居酒屋で郷土料理と地酒に舌鼓を打つ私も、すべて本物の私です。読みやすい文章を心がけつつも、コンテンツの内容に関しては全く読み手に媚びない、そんな方針でこれからもおバカにマニアックに体力の限り活動してまいりますので、今だ坂の途中にいる私をこれからもよろしくお願いいたします。

追伸:5月と6月の旅行の記事はちゃんと書きます。安心してください、忘れてませんよ?

at 23:00, Long, 日常と思考回路

comments(2), trackbacks(0), pookmark

2016年あけましておめでとうございます

「坂の途中の研究所」をご覧の皆様、あけましておめでとうございます。管理人のLongです。
昨年中、当ブログをご覧いただきましてありがとうございました。今年も変わらぬご贔屓のほどをよろしくお願いいたします。

さて、2016年の初日の出は、羽田にある平和の大鳥居で撮影してきました。

GHQにより羽田空港が拡張されることになった時、羽田の住民は強制退去を命じられたのですが、その時には当地にあった穴守稲荷も例外なく退去対象となりました(現在は穴守稲荷駅近くに移転)。移転前の社殿は取り壊しの対象となったものの、この大鳥居を取り壊そうとしたときに死傷者が出てしまい、その後何度試みても取り壊すことができず、結局現在まで残されている、というものであるそうです。
実のところは「祟り」ではなく、当時の撤去方法に問題があっただけとのことであり、羽田空港の拡張にあたり撤去される計画が90年代に持ち上がったそうなのですが、地元住民の要望により保存されることとなり、天空橋駅近くの弁天橋交番付近に移設されています。

なので、最寄駅は大鳥居駅でも穴守稲荷駅でもないのでご注意を。



twitterに上げた速報画像はこちら。最近はスマホのカメラでも一眼レフに負けない画が撮れるので侮れないです。
「東京・羽田の大鳥居♪」の元ネタは「セガ・ハード・ガールズ」。

First Sunrise of 2016

三脚に固定した一眼レフにリモートケーブルつけて絞って本気で撮って、RAWから補正して出力したのはこちら。
スマホで撮った写真との明らかな違いは、絞りの効果によって現れる太陽の光芒です。
物理的な絞り羽根がないとこの光芒は作れないため、どんなにスマホのカメラが発達しようとも一眼レフが廃れないのはこんなところに理由があります。

また、元旦には地元のボランティアにより味噌汁とお神酒の無料配布がありますので、ありがたく両方とも一杯ずついただいてきました。
例年ですとしじみ汁だそうですが、今年は不漁により海苔汁になってました。

そして本日2日は初詣に行ってきました。
今住んでいる地域の氏神様に詣でてから、2009年以降毎年通っている神田明神へ。

今年はうまいこと待機列が短い時間帯に参拝することができ、十数分で参拝することができました。




んでおみくじを引いたのですが、何だか見覚えのある和歌が…

2013年と2014年に引いた第十番の中吉を2016年にも引き当てるというねw
というわけでこのお告げを引くのも三度目ですよもうwwww

旅行:利益あり急いで吉
早速来週の今頃には高岡にいる予定なので、その旅行が無事に終わることを祈りたいですね。3月には大阪にも行きますし、6月には九州に行く計画もあります。今年もいろいろなところに旅行したいですね。

待人:来るべし喜びあり
今年も推しに近づける!(違う

縁談:早く調い難しされども良縁あり

…あれだな結婚は確実に30歳を過ぎるな!

とりあえず、和歌(春きぬと人はいえども鶯の なかぬかぎりはあらじとぞ思う ※表記はおみくじ文面のママ。出典:古今和歌集・巻第1・春歌上・11)の内容にもある通り、「春は必ず来るんやで…」って感じのお告げだったので、今年もその春を待ちながら楽しく過ごしたいと思います。いや、でも本当にいつ来るんですかねぇ。

ちなみに2015年に掲げた目標の達成率ですが

・何か一つ資格を取る ⇒ITパスポートを取得しました。よって達成です。
・訪問したことのない県を最低一つ減らす⇒未踏であった北海道に初上陸したためこれも達成しました。

今年の目標はもうちょっと具体的にして

・ファイナンシャルプランナー(FP)3級の取得とその知識を活かした資産運用の実践

としたいと思います。

いや、発端は「浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド」なんですけども、ほら、わたしも今年で29歳ですし、金をただ消費するだけの生活から賢く運用する生活にスイッチしようと思っていまして。今でも定期預金だったらやってるんですけども、元本保証のないリスクのある世界へ飛び込んでみるのも面白いかな、と思いますし、今の時代に単一の通貨だけで、大して利回りも期待できない方法で資産を保有しているのはどうなのか、と割と前から考えていた矢先だったので、良いタイミングだったのです。他にふるさと納税なんかにも手を出してみたいですね。

時間がもったいないので、FP3級は5月の試験で一発合格したいところ(実技は個人資産相談業務で受ける予定)。
資産運用の実践のほうは来年度頭にNISA口座を開設して、8月から投資を始める計画でいます。

というわけでこんな私ですが、今年も何卒よろしくお願いいたします。

at 19:25, Long, 日常と思考回路

comments(0), trackbacks(0), pookmark