<< 世田谷区・川崎市 多摩川花火大会2014 を撮ってきた | main | Animelo Summer Live 2014 -ONENESS- に行ってきた 2日目 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

Animelo Summer Live 2014 -ONENESS- に行ってきた 1日目

というわけで、アニソンファンの夏の祭典ともいうべき、世界最大のアニソンフェス、Animelo Summer Liveに今年も参加してきました。
気づいたら2011から4年連続の参加です。
チケ取りの段階ではうだうだ文句言っている私ですが、なんだかんだ言ってアニサマ大好きなのです。
今年は友人の多大なる協力もあり(というか友人がいなかったら取れてなかったです)、3日間通しでチケットを確保することができました。なので金曜と明けの月曜に有給休暇を発動し、全力で楽しんできました。

というわけで、一週間以上経ってもまだケミカルライトを折り損ねて強打した左手人差し指の傷と打撲が治りきっておりませんが、今日から少しずつアニサマ2014のことをまとめて行きたいと思います。ランティス祭り東京までにはw。

というわけでまずは1日目のセットリスト。


01 SKILL / JAM Project
02 Wings of the legend / JAM Project
03 Breakthrough〜Rocks〜レスキューファイアー / JAM Project
04 FOOL THE WORLD / 茅原実里
05 境界の彼方 / 茅原実里
06 向かい風に打たれながら / 茅原実里
07 OVERDRIVER〜ZAQNESS / ZAQ
08 Alteration / ZAQ
09 Trust in you〜デート・ア・ライブ / sweet ARMS
10 7 Girls War / Wake Up, Girls!
11 タチアガレ! / Wake Up, Girls!
12 アイドル活動!〜Signalize!〜ダイヤモンドハッピー / STAR☆ANIS
13 SHINING LINE* / STAR☆ANIS
14 With You / With Me / 9nine
15 君が笑む夕暮れ / 南條愛乃
16 Dragon Soul〜空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go / 谷本貴義
17 ビュンビュン! トッキュウジャー / Project.R
18 Fight 4 Real / ALTIMA
19 Burst The Gravity / ALTIMA
20 CYBER CYBER / ALTIMA feat. Wake Up, Girls!, STAR☆ANIS & 9nine
21 未来聖闘士Ω〜セイントエボリューション〜 / 流田Project
22 アニメじゃない〜夢を忘れた古い地球人よ〜 / Project.R×流田Project
23 恋はみるくてぃ / petit milady
24 スキ キライ キライ 大スキ? / petit milady
25 暁の水平線に / 第一航空戦隊 旗艦二代 赤城・翔鶴
26 提督(あなた)との絆 / 金剛型高速戦艦 金剛・比叡・榛名・霧島
27 FANTASTIC TUNE / 小野賢章
28 Butter-Fly / 和田光司
29 IGNITE / 藍井エイル
30 シリウス / 藍井エイル
31 Believe / 藍井エイル & 黒崎真音
32 X-encounter / 黒崎真音
33 sister's noise / fripSide
34 black bullet / fripSide
35 only my railgun / fripSide
36 WHITE BREATH / T.M.Revolution
37 INVOKE / T.M.Revolution
38 ignited -イグナイテッド- / T.M.Revolution
39 HEART OF SWORD 〜夜明け前〜 / T.M.Revolution
40 OUTRIDE / アニサマオールスターズ
41 ONENESS / アニサマオールスターズ


41曲ですか。すげーボリュームですね。そこまで長くは感じなかったんですけど。

では、ここからいくつかピックアップして書いていきます。

《Wake Up, Girls!》

I-1アリーナ(さいたまスーパーアリーナを意識したと思われる作中での架空のホール)でのあのシーンが目の前で完全再現されたのを見てちょっと感動してしまいました。マイクトラブルが発生しながらも何とか歌いきったというのも、よくぞまあ、あの大舞台で、と感心してしまいました。
パフォーマンスの勢いの良さは言わずもがな。客観的に見て、これ以上コンテンツを拡大させようと思ったらもう一つ起爆剤が要るように感じますが、エネルギーの大きさは強く感じます。今後に期待大です。

《ALTIMA》

「Burst The Gravity」で、ニコニコ動画風の空耳コメントを流したときには、「この人たちふざけすぎだろ」と思ってしまいました。これめっちゃ褒めてます。
もうこういうアホみたいでくだらないことを全力全開でやっちゃう人たち大好きです(でもニコニコ動画に上がってたPVは権利者削除食らってんのよねー)。
まさか「ハリセンボーン!」と「わさびがPON☆」と「ただの出オチですけどねぇ…」を本人目の前にしてコールする日がくるとは思わなかったわwww
それ以上に「CYBER CYBER」がめっちゃくちゃ楽しかったです。1月のリスアニ!-LIVEで聴いて以来気に入ってしまい、これアニサマでもやってくんねーかなーって思ってましたw

《金剛型高速戦艦 金剛・比叡・榛名・霧島》

東山奈央の歌い分けに驚愕。これを生でやりきるってのはやっぱり声優だよなーって。歌唱力とはまた別の次元の能力の話。

《T.M.Revolution》

これはもう当日ネットニュースやtwitterで話題になった通り。
ゲームソングに初めて決まった時、「J-ROCKがオタクに媚びてる」って言われたけどこっちは好きでやってんだよ! といった趣旨のことをぶちまけた、って話です。
これにはなんというか、ちょっと泣いてしまいました。
J-POPとかJ-ROCKとか、その手のジャンルの音楽が好きな人で、アニソンを「アニソンだから」っていうだけで毛嫌いしたり、見下したりする人が、昔は今以上に多かったように思います。
でも、それと同じくらい、アニソンを聴いていることで卑屈になって、アニソンを過小評価しているアニソンの聴き手も多かったような気がします。
かくいう私も、オタクになりかけのころ、J-POPとアニソンの境界線にやたらこだわっていた時期があって、アニソンのCDを買うのが何か後ろめたいというか恥ずかしいというか、自意識過剰になっていた時期がありました(今だったら堂々としてますけどね)。「ハッピー☆マテリアル」なんかがヒットチャートに入って大騒ぎしていた時代でしたが、やっぱりそれでも世間の目は冷ややかだったように感じます。今みたいな大規模なライブイベントもそんなにやってなかったですしね。

ところが今では世の中の認識が変わってきて、少なくともアニメが好きっていうだけで後ろ指をさされるようなことはかなり少なくなりました。
私より若いアニソンファンの姿をネット上で見ていますと、皆屈託なく好きなものを楽しんでいるなぁ、と、昔の自分との差にちょっとうらやましくもなったりします。
彼らはあまり流行とか「ジャンル」っていうものにとらわれないで、ちゃんとインターネットで自分の好きなものを探してきてるんだろうな、とも。
(それによるネットのインディーズ音楽偏重傾向とか、著作権に対する意識の低さとか、別の問題は出てきてますがここでは語りません)
西川貴教はそこまで意識していたわけではないでしょうけども、少なくとも、西川貴教がアニメソングやゲームソングを歌い始めたころに批判の声が上がったような逆風は、今は緩み始めていると思います。

J-POP歌手としても、アニソン歌手としてもヒットを飛ばしてきた西川貴教だからこそ、「音楽にジャンルは関係ない、一つになろうぜ!」というその発言が、これ以上ない説得力を持って響くのです。水樹奈々とのコラボレーションも記憶に新しいところですが、西川貴教にはこれからも変わらず、アニソンの発展と拡大に貢献し続けて行ってほしいと、一人のアニソンファンとして切に願います。


総評。
1日目は何となく特撮とロボットアニメの主題歌が多かったような印象がありますね。実際数えてみるとそうでもないのですが、JAM ProjectやProject.R、T.M.Revolutionのイメージが強烈なので、ほかの日に比べると、初日は「アツいアニソン・特撮ソングの日」というべき様相でした。
開催日ごとにちょっとカラーが違うのは、全日程通した時に面白い反面、チケット倍率の偏りを生むのでどうなんだろうなーと思ってみたりも。

2日目はまた後で。

公式のセットリストはこちらから→ http://anisama.tv/special/setlist.php
JUGEMテーマ:アニソン


at 23:03, Long, 音楽

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:03, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。