<< 「はまなす」で行く青森・北海道旅行 その2 小樽・札幌で食べまくり飲みまくり | main | 2015年の締めくくり >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

「はまなす」で行く青森・北海道旅行 その3 海鮮丼とお金の重さ

JRN DC Series 150

11月15日。前日の小樽へ向かう列車の車内で、

「そういや北海道に来たのにまだ気動車に乗ってないですね」
「D運用あります?」
「ありました、これです。苗穂から函館本線の小樽以西への送り込みを兼ねた然別行きの1930Dですね」

という会話をした結果、昨夜あれだけ飲んだにもかかわらずなかばむりやりに早起きしてこれに乗ってきたのでした。
というわけで北海道ならではの4つの前照灯が印象的なキハ150形で再び小樽へやってきました。
小樽市内と言っても、とったホテルは小樽築港駅近くということで小樽駅まで列車移動です。何となく察しがついたかもしれませんが結構良いホテルです。それをただ寝るだけに使いました。嵐のライブがなければ…w

JRN Series 731
731系まだ撮ってなかったな、と思って一枚。

朝から

Longさん(@long_t31613f)が投稿した写真 -



というわけで、朝食は三角市場の武田鮮魚店直営 味処 たけだへ

泣きべそパンダはどこへ行った 〜ハルカカナタ 口笛の旅〜 [Blu-ray]
日本コロムビア (2015-08-26)売り上げランキング: 21,968


この店も声優の内田彩がイメージBlu-rayで小樽を訪れたときに海鮮丼を食べた店でして、運よく内田さんが座った席に座ることができた私は、「うっちーを感じる」とか言いながらいくら丼を食べておりました。そして会計の時にちゃんと写真とサインも見て来ました。

見てくださいこの輝き!

Longさん(@long_t31613f)が投稿した写真 -




この後、ここまで旅程を共にしてきた2人が一足先に東京へ戻るべく離脱。
私はもう少し遅い飛行機を取っていたので再びひとり旅に戻りこちらの場所へ。

Nippon Ginko(Central Bank of Japan) Former Otaru branch Financial Museum

かつての日銀小樽支店を転用した金融資料館です。
明治期以降の日本の貨幣制度(通貨単位を円・銭・厘に統一→日銀設立による銀兌換制度の開始→管理通貨制への移行)といった歴史や日銀の業務、小樽が金融街として発展するに至った経緯について学べた他、一億円の札束に相当する紙の束を持てるコーナーがあり、一億円の重さ(物理)を体感してきました。


JRN Series 721





帰りの快速エアポートは721系でした。uシートの指定席を取ったので、早めの昼ご飯でなると屋の鶏飯おにぎりとザンギを。
他にも食べたいもの行きたい場所がたくさんあったのですが、時間も胃袋も限界。





嵐の札幌ドーム公演の影響で新千歳空港は大混雑。ささっとお土産を買って、優先レーンでそそくさと搭乗手続きを済ませて搭乗。帰りの飛行機はだいたい寝てたのであんまり記憶がありません。
羽田空港までくればそこは私が暮らす大田区。京急で蒲田へ出てそこから池上線に乗り換えて帰りました。

ちなみに、東京に帰ってきてからの夕食が…




というわけで、これにて11月の青森・北海道旅行の旅行記はおしまいです。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。


JUGEMテーマ:旅行

at 13:44, Long, 鉄道(活動報告)

comments(1), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 13:44, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
猫間温泉旅館主, 2016/01/05 11:31 PM

函館の海鮮丼は、不味くはないですけど、お財布に優しくないですね。










trackback
url:http://t31613f.jugem.jp/trackback/972