<< 北陸新幹線で行く富山・岐阜旅行 3日目 高山本線経由で帰京 | main | 越後信州呑兵衛紀行 越乃 Shu*Kuraで利き酒の巻 >>

ブログを始めて10周年

以前ほかのところで書いていたブログの開設日(2006年6月14日)から数えて、今日でちょうどブログを初めて10年が経ちました。
大学1年の時に書き始めたので、つまりは私が大学に入ってから10年経ったということになります。
時の流れは残酷です。

ということは、このハンドルネームで私がインターネット上で活動を始めてからも10年が経ったということですが、
その間にインターネットの世界も随分と変わったように思います。
スマートフォンとSNSの発展により、もはや現実世界とインターネットの世界とを切り分けて考える必要すらなくなってきたのかな、と最近思います。実際のところ、私の意識も、本名はビジネス上の名義や戸籍上の名義でしかなく、ハンドルネームもまた自分の別の名義、という方向に変わってきており、本名が意味をなさない付き合い、というインターネットを起点とした不思議な友人関係にも違和感を覚えなくなってきています。

最近は、かつてブログに書いていたイベントレポートをEventernoteに書くようにした結果、いよいよこのブログの存在意義が旅行記の公開だけになってしまいましたが、旅行も私の趣味の一つでありますので、これからもこのブログはゆったりまったりと存続していくことになるはずです。

現在の活動の主軸はtwitterに移っていますし、私という人間も10年前から変わっていないように思えて実は相当に変化しているようですので、もうかつての読者さんは離れてしまっているかもしれません。10年前はただの日記から始まり、7年前に旅行記とアニメ批評と鉄道研究レポートを3本柱とした内容にリニューアルし、その後ライブ参加レポートを加えるようになりつつも、twitterを始めて軸足をそちらにシフト。その後人間関係が大きく広がり、今ではいったい何のオタクなのか自分でもよくわからないところまで来てしまいました。

かつての鉄道関連の記事を楽しみにしてくださっていた方からすれば、今の声優イベンターな私はもしかすると嫌悪の対象ですらあるかもしれません。人は変わるものですので、それで合わなくなってしまうことは仕方がないでしょう。とはいえ、かつてコメントをくださった方ですとか、つながりのあった方々については今でもちゃんと覚えています。その積み重ねを越えて、今私はここにいるのですから。そして、私はもう、自分の「好き」に嘘をつきたくはないのです。10年前に始めたブログがただの日記だったのは、オタク的な話題を極力避ける意図があったのですが、それがあまりにもしんどくなって、3か月もしないうちに破られてしまったのですから、やっぱり無理なのです。

イベントで光る棒を振り回しながら声を上げる私も、駅でカメラを構えて列車を撮る私も、旅行先の居酒屋で郷土料理と地酒に舌鼓を打つ私も、すべて本物の私です。読みやすい文章を心がけつつも、コンテンツの内容に関しては全く読み手に媚びない、そんな方針でこれからもおバカにマニアックに体力の限り活動してまいりますので、今だ坂の途中にいる私をこれからもよろしくお願いいたします。

追伸:5月と6月の旅行の記事はちゃんと書きます。安心してください、忘れてませんよ?

at 23:00, Long, 日常と思考回路

comments(2), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:00, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
パキラ, 2016/06/17 6:40 PM

まずはおめでとうございます。
10年前といえば2chがまだまだネット文化の発信地で、えすえぬえす?ああ、mixiの事ね… みたいな時代でしたっけ。
1つのコンテンツに拘りすぎていてはいずれ飽きた時にブログも書き続けられなくなるでしょうから、自身の変化に合わせてブログの方向性も柔軟に変え続けていくことが長寿(?)の秘訣なのかもしれませんね。

Long, 2016/06/21 8:14 AM

>パキラさん

ありがとうございます。
もともと何か書くものを決めて始めたわけではないので、意識せずにこうなってたってのはありますが、おっしゃるとおりこだわりが強すぎるとよくないのかもしれませんね。

2chもmixiも今はまるで勢いがないですから、twitterとfacebookでも同じことが起こらないって保障はどこにもないんだろうなぁ…と。










trackback
url:http://t31613f.jugem.jp/trackback/978