<< 2017年あけましておめでとうございます | main | every♥ing! 卒業に寄せて >>

東急電鉄サイコロの旅 まとめ

ホリデーパスでサイコロの旅東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券でサイコロの旅、とこれまでサイコロまかせで旅をしてきた私と各停快速氏。

ホリデーパスの時は日が暮れた後に南古谷から鴨居へ飛ばされ、東京の地下鉄の時は三田線の呪縛から逃げられず。ならばエリアを絞ればいいんじゃね?ということで、今回は東急電鉄ワンデーオープンチケットを使用した、東急電鉄サイコロの旅を実行しました。

ルールは以下の通り。

1.東急線の駅を3つのエリアに分ける。分け方は以下の画像(各停快速氏が作成した資料をキャプチャ)を参照。赤枠の駅は、お昼時に抽選せずに指定できる駅。


2.それぞれのエリアから2つずつ駅を選び、近い順にサイコロの目に割り当てていく。DT⇔TY⇔IKで隣り合っているとする。TY群内にいる場合はIK群を優先する。
3.スタート地点は渋谷でゴールは蒲田。これらの駅はランダム抽選の対象とはならない。
4.移動手段は東急線のみ。
5.周辺を散策したら元の駅に戻る(駅間を歩くのは禁止)

駅の抽選は、駅にコードを割り当て、Androidアプリ「乱数ジェネレータ」(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mastersoft.randgen&hl=ja)を使用。

フリップにはAndroidアプリ「サイコロの旅フリップ」(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.howwednesday&hl=ja)を使用。

当日の実況ツイートをTogetterでセルフまとめしましたので、まずはそちらをご覧ください。 https://togetter.com/li/1070359

というわけで、ここでは(渋谷と蒲田を除いて)目的地となった駅を一つずつ紹介していこうと思います。

\磴谷大塚

池上線と東急多摩川線の車両が所属する雪が谷検車区の最寄駅です。
また池上線では珍しい橋上駅舎島式ホームの駅です。
正直なところ、見どころらしい見どころはありませんが、美味しいラーメン屋さんが多いです。

多摩川

正直雪が谷大塚から多摩川に行くならば中原街道を丸子橋方面に歩いて行ったほうが電車に乗るより速いですが、ルール上仕方がないので蒲田まで行って多摩川線に乗りました。
多摩川駅の近くには「シン・ゴジラ」でタバ作戦の舞台となった多摩川浅間神社や多摩川台古墳があります。多摩川台公園古墳展示室は無料で入れるので、これを機に見学してきました。また、「どりこの坂」という変わった名前の坂がありますが、これは日本初のエナジードリンクともいえる「どりこの」という名前の栄養飲料を開発した医学博士の家が近くにあったことから名づけられました。存在は知っていたのですが、この日初めて訪れてみました。

D晃

環七と池上線が交差するところにある駅で、早い段階で地下化されました。
長原駅のあるあたりは池上線沿線ではもっとも標高が高いところなので、旗の台駅から長原駅に進入するときは、一度坂を上ってから長原駅構内に向かって下っていきます。
駅のまわりには商店街があるくらいしか見どころはありません。

づ墜

青葉台の隣の地味な駅でしたが、駅の近くの「セリーヌ洋菓子店」で買える「田奈プリン」がおいしかったです。しっとりとしてまろやかでありながらすっきりとした甘さでした。
また、昼食のため入った「Mr.Boo」というとんこつラーメンのお店の奥様がとても面白い方で、やたら話が盛り上がりました。最初はアラサー男二人の我々を大学生と勘違いしてましたがw。サイコロを振って行先を決めながら旅をしている、という話をしたら笑いがとれまして、「それで田奈駅が選ばれたんですよ!」って説明しましたが、何だか「所さんのダーツの旅」みたいな言いぐさだな、と。

ヂ膂翊

大井町線の終点でありりんかい線と京浜東北線との乗換駅。品川区役所の最寄駅であるほか、運転免許試験所がある鮫洲までも頑張れば歩けます。
商業施設は充実してますが、まあ特にこれといった見どころはありません。

三軒茶屋

田園都市線と世田谷線の乗換駅です。世田谷線の駅はキャロットタワーというビルに入っており、展望台には無料で入れます。展望台のフロアには世田谷区のローカルFMのスタジオがあり、この日は公録をやっていました。

武蔵新田

新田神社の最寄駅です。縁結びの神様だったり、太平洋戦争でも焼けなかったご神木があったりします。

┯淅薪

池上線の始発駅であり山手線と都営浅草線の終点です。
山手線の中でも地味なイメージの強い駅ですが、飲み屋がたくさんあっておいしいお店もたくさんあります。まあ地味だけど。地味なのは認めるけど。

大崎広小路

池上線で五反田の一駅隣。駅間は300mちょっとしかありません。
それもそのはず。ここはかつて池上電気鉄道の終着駅で、その当時省線五反田駅とは徒歩連絡でした。五反田からさらに先、高輪方面への延伸計画があって、五反田駅は山手線の高架の上に直角をなすように建設されているのですが、それが叶わずあのような配置になっているわけです。

大崎広小路駅の存在意義がどこにあるのかはなかなかわかりづらいかもしれませんが、五反田駅から見て目黒川を越えた向こう側に行く場合は、池上線沿線住民にとっては五反田より便利なんですよ。今はなきゆうぽうとホールなんか降りてすぐでしたし。

ちなみに乗車距離は

渋谷→雪が谷大塚 12.6 km ¥216
雪が谷大塚→多摩川(蒲田経由)10.9 km ¥195
多摩川→長原(大岡山・旗の台経由) 5.2 km ¥154
長原→田奈 22.9 km ¥267
田奈→大井町 25.5 km ¥267
大井町→三軒茶屋 16.5 km ¥247
三軒茶屋→武蔵新田(渋谷・多摩川経由) 15.7 km ¥247
武蔵新田→五反田 13.1 km ¥216
五反田→大崎広小路 0.3 km ¥124
大崎広小路→蒲田 10.6 km ¥195

合計 133.3 km ¥ 2160

でした。群馬県の北部や山梨県あたりまで行けちゃう距離ですね()
今回は、サイコロの出目が1と6に偏ったこともあり、田園都市線エリアと池上線エリアの間で振り回される結果となりました。そのため、大井町線に乗る頻度が高いこと高いこと。もう大井町線はいいや、ってなりましたね。

最後に。
昼食駅の目玉として指定していた祐天寺駅。
その理由は、鉄道好きのマスター(駅長)が経営する「ナイアガラ」というカレーのお店に行くためでした。
結局引くことができず田奈まで行ってしまったので、翌日の昼食のネタにしました。
旧型客車の座席に座って、HOゲージくらいの蒸気機関車がカレーを運んできます。
なかなか面白いお店なので、興味がある人は調べてみてください。


JUGEMテーマ:鉄道旅行



at 00:03, Long, 鉄道(活動報告)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 00:03, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://t31613f.jugem.jp/trackback/988